福岡暖炉工房ホーム > 商品一覧 > ペレットストーブ

日本の森を育てる木質ペレットストーブ

豊かな森林資源を受け継ぐために

国土の3分の2が森林である日本で、その40%が人工林。
戦後の植林(杉・ヒノキ)の後、山は放置されています。国土保全面から人工林の間伐が急務であり、その出口として新エネルギー・木質ペレットがあります。
今、日本国内では毎年2,000万m3(4tトラック60万台分)の林地残材(倒木や切り捨て間伐で搬出されない材木)が放置されています。
ペレットストーブ1台(1冬)で約4m3の材木を使いますので、1年間にペレットストーブ500万台分の材木=エネルギー源が放置されています。

木質ペレットとは?

木質ペレットは製材クズ(オガ粉)や間伐材を破砕・乾燥したものを、圧縮過程で木材成分であるリグニンの接着効果で固めた燃料です。

  • 再生可能なエネルギーです
    化石燃料と違い、20〜30年サイクルで再生できるエネルギーであり、森林の健全な育成を加速します。
  • カーボンニュートラルで地域温暖化を防止します
    燃焼時に発生するCO2は、木の成長過程で光合成により吸収したCO2であり、大気中のCO2を増やしません。
    ペレットストーブを1日10時間×100日使用で、1tのCO2を削減します。
  • 地産地消エネルギーで地域社会の活性化につながります

CRAFTMAN(クラフトマン)

頑丈でシンプルな構造、省エネルギー、スローフードに役立つ家庭用ストーブ

炉の構造と理想的な通風で高燃焼効率を実現しました。本体は4.5mm厚の鋼板で扉に鋳鉄を使用し、頑丈で且つ高熱に耐えます。また、構造が簡単なので故障の心配はありません。

HONMA(ホンマ)

電気を使わないので停電時も安心・ペレットと薪、両方使用可能なハイブリット

ホンマ製作所のペレットストーブは電気を使わないため、メンテナンスが容易で万が一の停電時にも使用可能。ペレット・薪の兼用ストーブをご用意しております。注目のエコ暖房を是非ご体感ください。

SAIKAI(サイカイ)

確実で早い手動着火で、便利さは追求しないので機能は必要最低限

間伐材から生まれる全木ペレットは樹種や地域によって、その燃焼性能にわずかながら違いがあります。その違いに対応し、確実な着火を実現するために、SAIKAI のペレットストーブは、自動着火を廃止し、使用済み割り箸や着火剤による手動着火システムを採用しています。
手動着火にすることによりトラブル防止はもちろん、1分以内での着火が可能となり、災害時には車両からの電源で作動が出来るようになるなど数々の利点が生まれました。